犬の手も借りたい

私なりの意見や考えを周りの人から意見していただきたいです

チームを感じるとき・・・(短め)

チームを感じるタイミングは人それぞれ違うと思いますが、

皆さんはきっと

「仲間意識」というものが1番にありそうですね。

きれいな言葉だと思います。「仲間」

私はチームを感じる瞬間があります。ひねくれていると一瞬感じるかもしれませんが、事実を語ります。

私がチームを感じるときは

「息苦しさを感じる時です。」

だから私に仲間はいないのです。

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン #チームワーク

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン「#チームワーク」を語ろう!
sponsored by LINE WORKS

正義って何?

最近、ふと考え事しているときに思ったのですが正義というものがわからないです。

マンガ アニメ 小説のヒーローが戦う相手が悪だと誰が決めているのか。ヒーローが悪だという可能性はなぜ生まれないのか。

攻撃することが悪なのか、人を傷つけることが悪なのか

ならば正義は悪と決めつけ攻撃しているだけの可能性はないのか。

悪とは世論が決めつけたものなのではないのかと。正義と悪の境界線がわからなくなってしまいました。悪にも正義があって、正義にも悪があるのではないかと。

極端な話、人を殺すことを悪としていいのかどうかというのも微妙なものと言えます。医者には生死を左右できるほどの職です。将来には安楽死が一般化される可能性もあります。助ける側の人間が命を絶つ決断をすることが果たして正義なのか。違うとしたら医者は正義ではないのか。

警察だって拳銃を持っています。日本の場合発砲する事件は多くはないですが、人を殺せる道具を持っています。

どうしてこんなこと考えるのか・・・

裁判の勝ち負けについて考えることがあったからです。

裁判にも種類がありますが刑事裁判では冤罪のケース以外はほとんど犯罪者が悪とみて進めていくイメージです。民事の場合だとどうでしょうか。金銭面であったり会社と従業員のトラブルなんかがよくある裁判ケースですが、民事だとお互いが正しいと思ってだ裁判していると思いませんか?

これってどっちに正義があって争っているのかわからないと思ってしまったんです。どっちも正しいからお互いに弁護士がつくわけなのです。それで公平な立場に裁判官がいて勝ち負けを決めています。

「勝ち負けで決めること」がイコール「正義」ではないことはわかります。なら正義が求めているものはなんなのか?

ヒーローがいるのだとしたらそれはどうしてヒーローなのか。正義を語れるのはヒーロー自身か、それとも世間の人間か、はたまた悪が悪として出てくるのか。

 

唯一無二の相棒

理想のコンビと言えば

金棒

といった具合に強そうなコンビがほしいですが、、、そんな存在すぐに現れるものでもなく

今、私の相棒と言えるものは今使っている『ノートパソコン』です。

ノートパソコンなんてたかが機械かもしれないですが、今使っているものが自分専用で初めて買ったもので思い入れが強くいまではなくてはならない存在です。

これって陰キャならではのコンビかもしれないですね。

パソコンにとっての理想のコンビだとキーボード マウスです。実はノートパソコンにキーボードとマウスを別に外付けして使用しています。

贅沢かもしれないし、何なら理解してくれる人は少ないかもしれないです。ノートパソコンって使ったことある人はわかると思うんですが、使っていると熱くなってきて手汗をかいて汚いんです。

それとノートパソコンのキーボードのキーが浅いのも嫌いでカチカチ音が鳴り深く押せるものを使っています。

音が鳴るものを嫌う人が良くいるのでゔボイスチャットをするときはマイクの感度を気にしたりします。

そういう時は少しめんどくさく思う事もあります。そこを含めて愛情を感じています。

これは機械に対して変態的愛情を持っているかもしれません。

だから私は人生のコンビを見つけられないんですね。

 

とても悲しいです。寂しいですね。はっはっは

2019年の抱負「くっ‥難しい・・・」

今週のお題「2019年の抱負」

毎年毎年、抱負を抱いているかと言いますとそんなことはなく今年からブログを書き始めたので今年くらいは目標みたいなのほしいですね。

どういったものがいいのかすぐに思いつかないものですが、、、

 

 

1時間後(リアル)、、、

 

 

「未成年の学生・新社会人が抱える悩みの解決につながる様な事を発信していこう」

そうします。

日本人は若者たちの言葉を聞いてくれる大人が少ない気がします。もっと国民としての自由を求めてくれるような学生が増えればいいなと思います。

若者だけで行動ができれば私みたいな者は必要ないですが、何かが動くために一人の社会人として助けることができればと思います。

 

もう数日で新年を迎えますが、良いお年をお迎えください。

しつこいかもしれないですが、受験生!!頑張れ!!!

学校の勉強をおろそかにするから建物が爆発するんです!

「学校で教えてくれる勉強は社会に出ると役に立たない」

前にも言いましたが、本当にそんなことないです。

今回の事件がその一例です。

札幌の屋内でスプレー缶の処理をしていたところで爆発。

学校で習っているんです。ガスには引火性があることを・・・

勉強なんて必要ないと勝手に見極めてガス爆発させる?

大人がやった行動とは思えません。こんな事件が起きているのに学校で勉強した内容が役に立たないなんて、私は全く思いません。

好きな教科・嫌いな教科・得意な教科・不得意な教科があるのは普通です。

知っているか知らないかそれだけで人生が変わると思いませんか?

それに知らないより知っている方が世界の見え方が違います。

 

国語からは言葉の使い方であったり、心情の読み取りなんかを学びます。

数学からは計算だけでなく、選択の幅(使うべき公式を選択することは、社会に出てからどれをすることが正しいのかについて)を教えてくれます。

理科からは危険物の取扱い、種類、そして社会問題(エコや発電の仕組みなど)についての知識を知ることです。

社会からはかつての人類がどういった過ちをしたのか、政治の動かし方について学びます。

外国語(学校によっては英語だけでなく中国語や韓国語など)からは単純に日本人の語学レベルの上昇、個人的な意見ですが日本は恵まれておりどんな本やニュースも翻訳されています。これは個々人が日本語だけで足りてしまっているという事です。そのため日本人は海外のことについての知識を取り入れようという意欲が他の国と比べて低いと感じています。そのために外国語を少しでも学びあるときゼロからのスタートにならないようにするためだと思っています。

 

こういったようにそれぞれには必ず意味があって勉強するのだと理解しなくてはいけません。

国の政策や地域政策に意見を出す大人がいます。これは行動だけ見るならば我々市民の代表として文句を言ってくれている勇敢な方です。

しかし、例として出しますが原子力発電所がどうしてダメなのかわかる大人はどれくらいいるのでしょうか?もしこれを学生が読んでくれているのであれば、親に質問してみてください。どうして原子力発電所がダメなのか。親の解答次第では、大人たちはどれだけ無知なのか、それとも博識なのかがわかります。

解答が「爆発する危険性があるから」「人間に放射能は害があるから」などのように簡単なものなら知らないとみていいでしょう。

爆発する危険性ならスプレー缶にだってあります。どうして販売しているんですか?車だって爆発します。事故が発生するから爆発するんです。同じように発電所も事故があるから爆発するんです。

そして原子力発電所が事故を起こしてしまうと放射性物質が出てきてしまいます。世間的にこれを「放射能」と勘違いして言っている方がいますが、放射能は放射する能力のことを言います。物質が体に害を与えているので能力自体が害という事ではありません。

 

喧嘩を売る場合は武器として知識を持つことが大切です。

今回の札幌の爆発事件から言えることは日本の勉強レベルが低いという事です。教え方の問題もあるかもしれませんが、日本語が読めるならスプレー缶にはしっかりと注意書きされているはずです。

目も悪かったんでしょうか?知識の問題?勉強不足?

札幌にて爆発

本日12月16日午後8:30に飲食店にてガス爆発が起きました。

爆発は事故なのか店側のミスなのかはっきりはわかりませんが、この時間に爆発音が聞こえたのは確かです。

正直近所の工事現場が崩れたのかと思いましたが、爆発というニュースを見て驚きました。

けが人も出ていて隣のお店の窓が割れていたりしているそうでとても大きな事故になったそうです。

ネットの写真を見る限りでは野次馬はいなさそうですが、そういった事件が起きた時にはわざわざ行く人がいます。かつては津波だとか洪水で見に行く人がよくいました。

単純に危ないですし、消防や警察や救急搬送の邪魔になるのでやってはいけません。

おそらくですが、野次馬などを行うと公務執行妨害に当たると思う事があると思うので、変に興味本位だけで行くと人生棒に振る可能性があるのでお気をつけてください。

 

ここからはその瞬間の話ですが、聞きなれないとてもデカい音が鳴り近所に雷が落ちた時のような感じでした。

事故現場からそんなに近いところにいたわけでもないのにあの大きさの音というのはすごいですね。隣のお店にいた方々の身体へのダメージは大きいかもしれないです。風圧のようなものもあったかもしれないですし、もし自分がいたらと思うと怖いです。

今回被害にあわれた方々の無事を祈ります。

あんまり強くは言いたくないけど…

今年北海道では何があったのか、道民はもしかしてもう忘れているのでしょうか?

今年胆振地震が起こり、北海道はブラックアウトしました。そして発電所の見直しなどの話が上がり、道民へ節電の呼びかけ・計画停電の話にもなりました。

それでなぜこのタイミングで話すのかと言いますと

なぜ?札幌は駅と大通り公園と道路等それぞれにイルミネーションがギラついているのでしょうか?

クリスマスも近くなり毎年やっていることなので、当たり前のようにやっているのでしょうが、もったいないのではないかと私は思います。

皆さんが言いたいことはわかります。私は楽しく一緒に見にいく恋人や友達はいませんよ。しかし今年はもう少し減らす方が良いのではないでしょうか?

企業や学校や家庭に対して節電を呼び掛けているのに街中を輝かせる意味は何なのでしょうか?

もう電気が復旧して節電の意識というものは薄れつつあるという事がわかりました。

節電をする意味は北海道だけの問題ではないと思います。

電気を作るためにはエネルギーが必要になります。

そのエネルギーは自然の力の風力や太陽光だけで補えているわけでは無いです。

つまり電気を使うという事は環境破壊へつながっているのです。日本は1人1人のエコへの関心が低いと私は思います。

「学校で学ぶ内容は社会に出ると使わない」

こういうことを言う大人は多くいます。実際、理科の知識や数学の知識を使う人は専門家ばかりかもしれません。個人が考えていないだけで学校で学んだ内容は大切です。

エネルギーの作り方も知らずにただ単に批判をしている大人は恥ずかしいと思ってください。この世界には有限なものばかりです。

新たに何かを生み出せば、何かを減少させている。

それが自然の摂理です。

まあ今回伝えたいのは、誰しもが自然破壊に協力しているという事です。

私も電気を使って生活していますし、これ書くのにも使っているので偉そうに言えません。ただ知らないより知っている方がよっぽどいいです。